日記です。


by Irie(アイリー)

米・10月利上げのタイミングは?

先週末の米8月雇用統計は、利上げ先送りを決定付けるほど弱くはなく、16-17日のFOMCでの利上げ開始決定の予想は30%程度でした。

昨晩FRBから発表された米・8月労働市場情勢指数(LMCI=失業率や労働参加率などを含め19の指標に基づいて算出、労働市場全般の状況を表す総合的な指数)は今年1月以来の+2.1と堅調な結果となりました。昨年後半の水準と比べ低下、労働市場の改善は緩やかな改善に留まっています。

8月の失業率は2008年4月以来の5.1%まで改善、FRBが想定する自然失業率とされる5.2%~5.0%の水準に達したことから、改善が進んでいるのかもしれません。

こうした数値を受けて企業経営者は、労働力の確保により積極的に動き始めることが想定され、賃金上昇率を高めていくことになるでしょう。

来週16-17日のFOMCへの意識が高まる中、今月の利上げ開始は見送られる一方で、イエレン議長の会見では従来の『経済指標次第。年内利上げが適切』との発言から利上げ開始に、より踏み込んだ発言になるのではないかとの予想もされています。

利上げによる市場への影響をより軽減する為に、いつ利上げが行われても不思議ではない、さらに利上げは『金融正常化』であり『金融引締めの開始』ではないことを強調するような発言になりそうです。

10月に発表される雇用統計がネガティブ・サプライズにならない限り、10月のFOMCで『金融正常化』への一歩を踏み出す事に現実味を帯びている可能性も聞かれます。

『金融正常化』は米国経済が順調に回復している裏返しとの認識を市場に提供することで、世界同時株安などの悲観論から市場の安定化へつながるのかも知れません。
e0347171_23012706.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi




[PR]
by ynone | 2015-09-09 23:03 | 金融