日記です。


by Irie(アイリー)

6日は米10月雇用統計の発表。

先週末の日銀政策決定会合を持って、10月22日のECB理事会以降続いた当面の主要各国の金融政策が出揃いましたが、いずれの中央銀行も明確な結論は12月の会合へ持ち越された格好となりました。
米10月ISM製造業景況指数に始まり、4日の米貿易収支、さらに6日の米10月雇用統計の発表を通してFRBの12月FOMCで利上げを決定する可能性が高まるのか注目されます。
今週は4日にイエレンFRB議長の議会証言のほか、翌5日にはフィッシャー副議長の講演も予定されています。
経済指標と併せ、イエレン議長が12月のFOMCに向けて、各地区連銀総裁らの意見を集約出来るか、政治的手腕が問われる大事な局面になりそうです。
国内では、6日に「内外情勢調査会」で黒田日銀総裁の講演が予定されており、先週末の日銀政策会合(黒田総裁:『現在の政策を維持することで物価安定目標が達成できる』)を受けた株式(30日終値:19,083円⇒2日午前終値:18,791円)・為替市場の動向(30日の海外市場での安値:120円29銭、2日午前中も120円台半ばからの上値が重い展開)を踏まえ、この場でどのような発言をするのか注目されます。
10月31日にドラギECB総裁はイタリア紙とのインタビューで『12月の理事会で追加刺激策の決定が必要となるかどうかは依然、未解決の問題だ。
現在マイナス0.2%に設定している中銀預金金利のさらなる引き下げについて判断を下すのは時期尚早である』と述べています。
10月22日のECB理事会での『次回12月の理事会で金融緩和の度合いを精査。成長の下振れリスクが高まっており、必要に応じて政策を変更する可能性がある』との発言に比べると市場の緩和期待にややブレーキを掛けてしまうことになりました。
9月の非農業部門就業者数が景気拡大の目安とされる20万人増を大きく下回る14.2万人となったほか、8月分も13.6万人へ下方修正されたほか、米7-9月期GDP速報値も前期比年率+1.5%と前期の+3.9%から減速しました。ブレイナードFRB理事も『世界経済の低成長とドル高が米国の国内需要に多大な悪影響を及ぼしている』と反省しています。

iTunesでダウンロードができる占いアプリの仕事を26日月曜日から始めました。

「みんなのONLINE占い」でNEW鑑定師となりました。
  
http://onlineuranai.com/CAST/DETAIL/ID/72/

私が書いた恋愛コラム記事が掲載されているので、興味がありましたら読んで下さい。

占い師が教える幸せになる恋愛論 › 恋人・出会い › 愛する勇気が理想の異性を引き寄せます。
  ↓
http://rennai-column.com/ARTICLE/DETAIL/ID/898/

占い師が教える幸せになる恋愛論 › 結婚・離婚 › 結婚を成功させる方法と離婚しない方法は同じ事。10月18日掲載
  ↓
http://rennai-column.com/ARTICLE/DETAIL/ID/891/

占い師が教える幸せになる恋愛論 › 復縁・縁切り › 復縁したければ、思い込みと縁を切る。10月11日掲載
  ↓
http://rennai-column.com/ARTICLE/INDEX/CATEGORY/2/PAGE/1/

占い師が教える幸せになる恋愛論 › 不倫・浮気 › 不倫は慰め合いの恋。10月4日掲載
  ↓
http://rennai-column.com/ARTICLE/DETAIL/ID/877/
e0347171_03403912.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi

[PR]
by ynone | 2015-11-03 03:41 | 金融