日記です。


by Irie(アイリー)

カテゴリ:金融( 86 )

米系大手銀行を中心に今回のFOMCでの利上げ予想は、今回9月の開始観測が主流となっている一方で、欧州系や日系では10月開始説、12月開始説が多く、予想にバラツキが見られています。

今回のFOMCで利上げ開始となった場合、声明文およびイエレンFRB議長の会見では、「今後の利上げペースは極めて緩やかなものに留まる」といった表現を用いて、「金融引き締め」の始まりではなく、「金融正常化」への第一歩であることを強調するのではないかと予想されています。

「ハト派的利上げ」であることを意識させ、金融市場の混乱を避けるために丁寧な説明に努めるとの観測も聞かれています。

現状維持となった場合、声明文およびイエレンFRB議長の会見では「米国経済は既に利上げの準備が整った状態にある」あるいは「十分に利上げは近い」など従来の「経済指標次第」といった表現から一歩踏み込んだ表現を用いるのではないか、といった予想も立てられているようです。

「タカ派的先送り」といった意味合いを持たせる可能性があるかもしれません。

利上げ先送りの理由としては、中国など新興国市場への動揺に触れ「金融市場の緊張に対するリスク」に言及しながら、そうした状況の沈静化を確認する必要性について説明することも考えられます。

先々の金利上昇が極めて緩やかになることが強調され、利上げによる景気への影響は限定的になる旨を示唆するのではないかと見られています。

米国・4-6月期GDP改定値が前期比年率+3.7%に改善しており、7-9月期以降も2%台後半の成長率が見込まれるだけに、2015年の成長率見通しが前回6月時点から上方修正されても2016年見通しはドル高の影響や世界経済の鈍化リスクによって下方修正されるかもしれません。

今回利上げ開始を決定した場合でも、緩やかな景気回復が今後も続いていくことを妨げるものではない点を強調、金融正常化への一歩を踏み出した後も尚、FF金利は長期的に見て依然低水準にあることを示しながら、金融正常化の正当性に言及するものと思われます。

今回の世界同時株安の最中でも、個別の金融機関や大手企業の資金繰り悪化といった事態は起きておらず、「信用収縮を伴わないボラティリティーの上昇」という現象が特徴的だったように思います。

中国・人民元はドルの上昇に伴う動きの中で、経済の実体以上に人民元が上昇してしまったことも、その一因として挙げられているようです。

株価の下落が示すほどには米国経済の回復が頓挫するリスクにさらされている状況にはなく、中国経済減速の米国経済への影響もさほど大きなインパクトを与えるものではなく、NY株式市場は過剰反応による「売られ過ぎ」とも見られています。

「利上げ」は引締めの始まりではなく「金融正常化」への第一歩に過ぎず、今週FOMCで利上げが実施されようとも先送りされようとも、いずれにしても緩やかな金利上昇に留まると見られています。

金利正常化が議論されること自体、米国経済が十分に回復している証である、とも言われています。

ドル円は9月米フィラデルフィア連銀製造業景気指数が予想に反してマイナスとなった事で120.78円まで値を下げましたが、120.80円付近で下値の堅さを確認すると買いが再開しました。

現時点でドル円は120.92円付近を上下しています。
e0347171_00053648.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi




[PR]
by ynone | 2015-09-18 00:06 | 金融
14日の米国株式相場は下げ渋り、ダウ工業株30種平均は前営業日比50.64ドル安の16382.45ドルで推移しています。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同13.80ポイント安の4808.54で推移しています。

ドル円は23時前に一時120.00円と本日安値を付けました。

ダウ平均が一時100ドル超下落した事などでドル円は軟調、円買い・ドル売りが強まりました。

豪ドルはしっかり、豪ドル米ドルは0.7139米ドルの高値を付けました。

ユーロ豪ドルは1.58187豪ドルの安値まで下げました。

14日のWTI原油先物相場期近10月限は下げ渋り、前営業日比0.38ドル安の1バレル=44.25ドルで取引されています。

ドル円は戻りの鈍さを意識した売りに押されて0時20分過ぎに一時119.87円まで値を下げました。

現時点でドル円は119.93円付近を推移しています。
e0347171_00401886.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi





[PR]
by ynone | 2015-09-15 00:41 | 金融
ドル円はやや弱含みました。

9月米消費者態度指数(ミシガン大調べ)速報値が85.7と予想の91.1程度を下回りました。

ドル円は23時過ぎに一時120.55-58円まで値を下げました。

ユーロドルは1.1300ドル付近まで値を上げました。

主要通貨に対するドルの値動きを示すドルインデックスは頭が重い様子です。

23時6分時点では95.49付近で推移しています。

11日夜の日経平均先物12月物はナイト・セッションで軟調の様子です。

23分8分時点では大証終値比250円安の1万7920円取引されています。

現時点でのドル円は0時過ぎに120.47円付近まで値を下げてから、120.65円付近を上下しています。
e0347171_01244185.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi

[PR]
by ynone | 2015-09-12 01:25 | 金融
先週末の米8月雇用統計は、利上げ先送りを決定付けるほど弱くはなく、16-17日のFOMCでの利上げ開始決定の予想は30%程度でした。

昨晩FRBから発表された米・8月労働市場情勢指数(LMCI=失業率や労働参加率などを含め19の指標に基づいて算出、労働市場全般の状況を表す総合的な指数)は今年1月以来の+2.1と堅調な結果となりました。昨年後半の水準と比べ低下、労働市場の改善は緩やかな改善に留まっています。

8月の失業率は2008年4月以来の5.1%まで改善、FRBが想定する自然失業率とされる5.2%~5.0%の水準に達したことから、改善が進んでいるのかもしれません。

こうした数値を受けて企業経営者は、労働力の確保により積極的に動き始めることが想定され、賃金上昇率を高めていくことになるでしょう。

来週16-17日のFOMCへの意識が高まる中、今月の利上げ開始は見送られる一方で、イエレン議長の会見では従来の『経済指標次第。年内利上げが適切』との発言から利上げ開始に、より踏み込んだ発言になるのではないかとの予想もされています。

利上げによる市場への影響をより軽減する為に、いつ利上げが行われても不思議ではない、さらに利上げは『金融正常化』であり『金融引締めの開始』ではないことを強調するような発言になりそうです。

10月に発表される雇用統計がネガティブ・サプライズにならない限り、10月のFOMCで『金融正常化』への一歩を踏み出す事に現実味を帯びている可能性も聞かれます。

『金融正常化』は米国経済が順調に回復している裏返しとの認識を市場に提供することで、世界同時株安などの悲観論から市場の安定化へつながるのかも知れません。
e0347171_23012706.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi




[PR]
by ynone | 2015-09-09 23:03 | 金融

中国人民銀行の見解。

中国人民銀行は8日、「8月には外為市場に流動性を供給する。」

「外為市場での介入が外貨準備減少の一因」などの見解を示しました。

8日の米国株式相場は堅調。

ダウ工業株30種平均は前営業日比311.69ドル高の16414.07ドルで推移しています。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同100.01ポイント高の4783.93で推移しています。

カナダドル円は21時40分過ぎに一時本日高値となる90.78円まで値を上げました。

米ドルカナドルの下落に伴う円売り・カナダドル買いが進みました。

現時点での、ドル円は119.90円付近を推移しています。
e0347171_23231289.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi

[PR]
by ynone | 2015-09-08 23:24 | 金融
上海株の下落への対応として、中国の中央銀行である中国人民銀行が8月25日に追加金融緩和を決定しました。中国は2014年の終わりから現在まで断続的に金融緩和を行っており、そのため、今回も「追加」金融緩和となっています。背景には不動産の価格下落があり、直近でも6月27日に金利を引き下げています。株式市場においてこの追加緩和は好感される政策かもしれませんが、これには中期的に問題があります。
 上海株のバブル的な上昇は、不動産から株式への資金移動が原因だと思われます。北京と上海の新築住宅販売価格の推移と、上海総合株価指数の推移を重ねて示すと、昨年の夏ごろからそれぞれが反対方向に動く様子がみられます。不動産価格が下落していたため、投機的な資金が株式市場に流れ込んだのでしょう。そのため、今年の3月ごろを境に不動産価格が回復し始めると、逆に株価が下落しています。
 金融緩和は株式のみならず、不動産にも影響を与えます。中国の中央銀行が直面する問題は、株価を支えるための追加金融緩和により、住宅など不動産のバブル的な価格上昇を加速させてしまうことです。もし、今回の混乱が収まるとしたら、これまでと異なり、今後は不動産も株式も、どちらも価格が上昇するかもしれません。
 しかしながら、金融緩和は需要の「先食い」に過ぎず、日本の経験から考えても永久に不動産投資が伸び続けることはありません。この需要の先食いが強すぎる場合、将来、急速な不動産価格下落という経済ショックをもたらしてしまいます。日本のバブル崩壊もそうですが、米国のリーマンショックも同じ動きでした。日本でも1990年ごろのバブル崩壊から、不良債権問題、貸し渋り、投資の低迷などが不動産価格下落により生じました。さらに、中国では不動産投資が減少してしまうと、現在のような経済成長を維持できません。そのため、もし不動産価格にショックが生じた場合は、厳しい景気後退が発生してしまうでしょう。
 もし将来、中国経済が失速するとなれば、企業によっては大きな影響を受けると考えられます。それでも日本経済全体への影響は限定的でしょう。
 中国への輸出品の構成は、米国への輸出とは異なります。一般機械や電気機器(主に電子半導体)など中間財と呼ばれるものが多く、それらの多くは間接的にはEUや米国への輸出につながっています。リーマンショック後、2010年でも米国への輸出は回復していませんが、それは主に輸送機器(自動車)の輸出減が響いたためです。ところが、中国への輸出は元に戻っています。
 もし中国経済が悪化すれば、日本経済が影響を受けるのは間違いありませんが、リーマンショックのような欧米での発生に比べると小さいものにとどまるはずです。ただ、隣国でもあり、単純に貿易だけを考えれば良いわけでもないでしょう。
 中国政府と中央銀行がどのような政策を採用するかによって、今後どうなるかはずいぶん異なります。そもそもの発端は、中国が経済成長を維持するための手段として金融政策を用いていることや、株式市場などで介入を強めたことです。中国は共産主義国でありながら、自由な経済活動を導入することで発展してきましたが、ここにきて、政府は経済成長維持のための介入を強め過ぎているようにみえます。日本の経験からもいずれ行き詰まることがあり得ますので、今回の混乱が落ち着いたとしても、日本の企業は中国経済の変動に対応できるようにしておいたほうがよいでしょう。
(上記内容は、重要だと思ったヤフーニュースから抜粋しました。)
e0347171_04071915.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi



[PR]
by ynone | 2015-09-04 21:30 | 金融

ISM指数が予想上回る。

8月米ISM非製造業指数が59.0と予想の58.2を上回った事も相場の支えとなりました。

22時30分前に一時119.65円と日通し安値を付けたものの、売り一巡後は下げ幅を縮めています。

現時点で、ドル円は120.27円付近を推移しています。

米長期金利が上昇に転じた上、ナイト・セッションの日経平均先物が140円高となった事が相場の支援材料となりました。

ダウ工業株30種平均は23時36分時点では前日比139.73ドル高の16491.11ドルで推移しています。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同35.72ポイント高の4785.70で推移しています。

アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi
e0347171_00093963.jpg



[PR]
by ynone | 2015-09-04 00:13 | 金融
2日の米国株式相場は買いが先行、ダウ工業株30種平均は22時32分時点では前日比195.75ドル高の16254.10ドルで推移しています。

ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数は同62.48ポイント高の4698.59で推移しています。

2日夜の日経平均先物9月物はナイト・セッションで、22時42分時点では大証終値比10円高の1万8260円で取引されています。

8月ADP全米雇用報告で政府部門を除く非農業部門雇用者数は前月比19万人増と予想の20万人程度増を下回りましたが、米10年債利回りが上昇したため円売り・ドル買いが強まりました。

4ー6月期の非農業部門労働生産性(改定値)は前月比3.3%上昇と予想の前月比2.9%上昇を上回りました。

現時点で、ドル円は120.08円付近を推移しています。

明日は本業のクライアントの占い試験があるので勉強しています。

為替の動きを確認だけして、今週はポジションを持たない事にしました。

アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478/

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi
e0347171_23333051.jpg

[PR]
by ynone | 2015-09-02 23:38 | 金融
1日の欧州外国為替市場で、22時時点では119.68円ー73円と20時時点(120.12円)と比べて44銭程度のドル安水準でした。

時間外のダウ先物やナイト・セッションの日経平均先物が再び下落した事で円買い・ドル売りが強まりました。

米長期金利が低下幅を広げた事も相場の重しとなりました。

日経平均先物は大証終値比340円安の1万7770円まで下げました。

8月米ISM製造業景気指数が51.1と予想の52.5を下回った事が相場の重しとなりました。

同時に発表された7月米建設支出は前月比0.7%増と予想の前月比0.6%増を上回りました。

23時30分時点で、ドル円は120.00円付近を推移しています。

アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478/

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi
e0347171_04571745.jpg

[PR]
by ynone | 2015-09-01 23:35 | 金融
チャイナ・リスク増大により、先週の月曜日24日の夜、安全資産としての円買いをする動きが増えて、世界同時株安は起こりました。

24日夜の10時過ぎにドル円が、116.11円まで暴落しました。

24日夜の10時過ぎにクロス円は暴落しました。

豪ドル円は82.11円、NZドル円は71.21円、カナダドル円は87.46円まで急速に下げ幅を拡大しました。

24日の米株価指数先物は時間外取引で下げ幅を拡大しました。

世界同時株安=リスク・オフの動き=急激な円高が起きました。

週明けの東京株式市場は300円近い下げ、上海総合指数も下げています。

先週は中国人民銀行が突然利下げをして、株の買取を含め株価を引き上げようとしている様子です。

先週のドル円相場は6円下げて5円戻すという大相場となりました。

チャイナ・リスクはまだ続くのでしょうか?

財務省は31日、7月30日ー8月27日の間に外国為替市場で為替介入を実施しなかった事を明らかにしました。

介入額ゼロは45カ月連続となりました。

今週の木曜日に本業のクライアントが行う占いの試験があって、勉強が必要で為替チャートは見ていられないので、今週はポジションは持たないつもりでいます。

日をまたいで持ち越すスイングトレードから、短期売買のデイトレードに切り替えます。

アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478/

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi
e0347171_04570264.jpg




[PR]
by ynone | 2015-08-31 22:07 | 金融