「ほっ」と。キャンペーン

日記です。


by Irie(アイリー)

<   2015年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

本日、日経平均が一時200円超上昇した事で円売り・ドル買いが先行しました。
9時過ぎに一時119.15円まで値を上げました。
8月24日の上海株が8%を上回る大幅下落となったことで日経平均株価は
895円安となりました。
NYダウも取引開始直後に1089ドル安まで下落しました。
この日のドル円は東京市場での122円05銭からNY市場での116円15銭まで
の急落となりました。
それ以降、ドル円は何度か118円台もしくは121円台を試すものの120円を
上下50銭レンジ内で動いています。年末までには、次なるイベントを契機に
相場の動意が期待されます。
来週19日の「中国GDP発表」に続く26-29日の「五中全会」での景気対策に
期待が高まるほか、27-28日の「FOMC」、30日の「日銀政策決定会合」で
の追加緩和期待など、来週から月末に向けて重要イベントが続きます。
私が書いた恋愛コラム記事が掲載されているので、興味がありましたら読んで下さい。

「復縁したければ、思い込みと縁を切る。」
 
「不倫は慰め合いの恋。」http://rennai-column.com/ARTICLE/DETAIL/ID/877/
e0347171_10151360.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi





[PR]
by ynone | 2015-10-16 10:16 | 金融
ドル円は一転下落しました。

14日の米株価指数先物は時間外取引で下げに転じました。

21時36分時点では前日比13ドル安の16960ドルで推移しています。

9月米小売売上高や9月米卸売物価指数(PPI)が市場予想を下回る結果となった事で債券を買う動きが進みました。

米10年債利回りの低下に伴って全般にドル安が進んだ流れに沿ったほか、株安も相場の重しとなり、一時119.075円と日通し安値をつけました。

現時点でドル円は119.13円付近を上下しています。

私が書いた恋愛コラム記事が掲載されているので、興味がありましたら読んで下さい。
 
「復縁したければ、思い込みと縁を切る。」
 
「不倫は慰め合いの恋。」http://rennai-column.com/ARTICLE/DETAIL/ID/877/
e0347171_00482770.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi










[PR]
by ynone | 2015-10-15 01:21 | 金融
私が書いた恋愛コラム記事が掲載されているので、興味がありましたら読んで下さい。
 
「復縁したければ、思い込みと縁を切る。」
 
「不倫は慰め合いの恋。」http://rennai-column.com/ARTICLE/DETAIL/ID/877/

予想以上に就業者数が伸び悩んだ先週末の米雇用統計や現行政策の据え置きを決めた後、ドル円は120円を中心にした上下値幅の狭い取引が続いています。

TPP合意とのポジティブなニュースが流れた一方で、IMFが世界経済見通しの下方修正を発表するといった材料もありましたが、原油価格が7月以来となる50ドル台を回復するなど株価への支援材料もあり、NYダウは17,000ドル台を回復、さらにS&P500指数も2000Ptsを回復するなど、7-9月期の世界的な株安に底打ち感が感じられるような反発地合いとなりました。

13日以降、米大手金融機関をはじめ主要企業7-9月期決算の発表が本格化することから株式市場の反発基調が継続され、リスク回避ムードが後退するのかが注目されます。

中国や新興国経済の減速が、米国経済に与える影響が懸念される中、米国では小売売上高や消費者物価指数、鉱工業生産などの重要な指標発表が予定されています。

中国では14日に消費者物価指数や生産者物価指数が発表されます。

8日、取引再開となった中国株が堅調に推移しているだけに、再来週19日の中国7-9月期GDP発表を前に、こうした指標発表後の中国株の動向を見ていく必要がありそうです。

中国株や中国経済の変化はFRBの金融政策にも影響を及ぼし、ドル円の値動きにも直結するので注目です。
e0347171_01324523.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi


[PR]
by ynone | 2015-10-11 01:47 | 金融
今年1月のスイス・ショックを乗り越え、日経平均は5月15日から6月1日まで12連騰しました。

ドル円は6月5日の米5月雇用統計(就業者数:26.0万人増)発表直後に125円86銭まで上昇し、これまでの年初来高値となっています。

上海株は6月12日に5,166.35と7年半ぶりの高値へ上昇したのをピークに、上場銘柄の半数以上にあたる1400社に及ぶ企業が取引停止を申請する中で、7月8-9日までに高値から30%もの下落となりました。

7月27日には8.5%の大幅安となり、2007年の上海ショック(8.84%下落)以降最大の下落幅となりました。

8月11日に人民銀行が人民元の切下げを発表したことで、中国の景気減速懸念が高まり、8月24日には取引開始直後のNYダウが1000ドルを上回る大幅下落となり、ドル円は116円15銭まで急落しました。この水準が年初来安値となっています。

今朝発表された日銀短観、大企業製造業DIは前回の+15から予想(+13)を下回る+12に留まった一方で、大企業全産業設備投資は前年比+10.9%から予想(+8.7%)を上回る+10.9%に改善し、経常利益、当期利益計画も共に上方修正されました。

先行き指数は現状指数よりも弱含む結果となりました。

9月24日の講演でイエレン議長は『大部分の同僚と私自身は、年内いずれかの時点で利上げを実施するのが適切であると考えている』と発言しました。

昨晩は米10年債利回りが2.03%台まで低下し、2.0%割れも意識される水準となりました。

中国では『五中全会』(=経済運営の5ヵ年計画を討議する党中央委員会、5年に一度の開催)が10月半ばに予定されています。

前回2010年の大会では、安定した経済成長や経済構造の戦略的調整などを目標に掲げていました。

今回の大会が中国の景気減速に歯止めをかける転機になるのか注目されます。
e0347171_23553887.jpg
アメブロはこちらです。「タロット占い師Irie(アイリー)の幸せアップ術」

C.S.Eプロダクションの占い師Irie(アイリー)プロフィールページ
http://csepro.co.jp/CAST/DETAIL/ID/478

占い師Irie(アイリー)のtwitterを初めました。
https://twitter.com/raimumi


[PR]
by ynone | 2015-10-01 23:57 | 金融